LOGO1.jpg

ティアン&ソーン

『Fallen Cycle』

2020年2月29日(土) – 2020年3月21日(土)

開廊時間:12:00~19:00、休館日:日曜日

この度YOD Galleryでは、ティアン&ソーン展『Fallen Cycle』を開催します。タイの作家 ティアン (“ティアン” Titirat Skultantimayta、b. 1993、バンコク) とソーン (“ソーン” Sornrapat Patharakorn、 b.1991、バンコク)による日本で初めての2人展です。

 

ティアンとソーンはバンコク出身の若手作家である。多様な素材と表現を用い、個人的なまたは共同制作をしてきました。コラボレーションの作品は2018年の第一回Bangkok Biennialのほか、タイやドイツのギャラリーまたは野外空間で展示されている。

 

『Fallen Cycle』という今展は、床に散らばっている葉、そして壁に展示されている俳句から成り立つ。引用されている俳句は花吹雪と雪を例えており、床の葉とともに、季節の循環を思い浮かばせるインスタレーションである。画廊という限られた空間内に、循環は停止され、色々な季節は同時に現れる。そのような時間のない視点によって、鑑賞者に、静止しつつ同時に流れる時間を覗かせる作品である。そして花吹雪や枯葉といったモチーフは、世界の儚さを意識させる。

 

壁に現れる引用された俳句は、紙から切り取られた文字で構成される。そしてその文字が、別の場所に順番を入れ替えて登場する。別の意味の文章に成り果て、あるものは消え去り、またあるものは別物として生まれ変わった表現と考えられる。死滅を表現する俳句は、循環は形を変えながら続くという静けさに満ちた慰めへと変容する。

 

ぜひこの機会にご高覧ください。

 

 

作家ステートメント

 

私たち人間は、時空の中で生きる三次元の生物である。変化の本質は、我々の心の鏡に抜粋した時間を並べてみれば、一目瞭然である。一連の変化が繰り返されるとき、それらは周期的にある状態の間を行き来する、または状態の間で転じると解釈できる。

 

Fallen Cycleは二つの作品 "Fallen Cycle (Clay)"と"Fallen Cycle (Paper)”からなる。二つの作品は調和を保ちながら、同じ空間に配置されている。

 

ギャラリーの床に散らばるFallen Cycle (Clay) は、乾燥した葉を模したセラミック片で構成されている。これらの自然の文脈から生まれた葉は、人間から見た自然の循環を表している。Fallen Cycleは、アートスペースと外の世界を融和する乳化剤としての役割を果たす。内と外の葉は同じように見えるが、自然の葉は自然の一部であり、道端の葉は掃かれる一方で、ギャラリー内の葉は他の何かとなるのだ。すなわち、落葉という文脈は葉を異なる何かへと変えるだけでなく、別の文脈との融和も促すのである。

 

Fallen Cycle (Paper) は壁にアルファベットで刻まれた詩である。1789年に吾山という名の僧侶が書いた最後の詩である。その詩のページは、穴の空いた部分は詩が欠落しているが、同じページにあった別の文章と並列されている。残された文字とページに残された欠落部は、それぞれの相反するアウトラインを相互に補完している。文字の配列の変化は異なる意味を生み出し、それらは明確な構成を伴うよく似た構成要素である。より深く探求することで、欠落の中にさらなる相違点を見出せる人もいるだろう。

 

吾山による詩 :

        “ 花と見し

         雪はきのふぞ

         もとの水 ”

プロフィール

 

ティアン  (“ティアン”Titirat Skultantimayta)

1993年 バンコク生まれ

2015年 チュラーロンコーン大学, バンコク, タイ 卒業、現在はバウハウス大学ヴァイマルに在学中

 

個展

 

2015 “Brand New 2015 Art Project” Bangkok University Gallery, バンコク,タイ

2019 “福岡アジアアートウィーク” The Life,福岡

 

グループ展

 

2018 “the Kingdom”, 140th Anniversary of B.Grimm, BACC, バンコク,タイ

2019 “福岡アジアアートウィーク” 福岡アジア美術館と福岡市科学館, 福岡

2019 “Walk of Art 2019” in collaboration with Titirat Skultantimayta and Viktor Dallmann,ヴァイマル,ドイツ

 

ソーン  (“ソーン” Sornrapat Patharakorn)

 

1991年 バンコク生まれ

2014年 チュラーロンコーン大学, バンコク, タイ 卒業、現在はバウハウス大学ヴァイマルに在学中

 

個展

 

2019 “Brand New 2019 Art Project” Bangkok University Gallery, バンコク,タイ

 

グループ展

 

2018 “Blind Dates - atterrissage !” in collaboration with Gwen Merel, Ferme de Quince,レンヌ,フランス

2019 “Spectrosynthesis II” in collaboration with Samak Kosem, BACC,バンコク,タイ

 

ティアン&ソーン 2人展

 

2018 “Parallel Windows” Bangkok Biennial Pavilion,バンコク,タイ と マーストリヒト, オランダ

2019 “Behind Time” Gallery VER’s Project Room,バンコク,タイ

2019 “Fallen Cycle” Tentacles Art Space, Bangkok 15,バンコク,タイ

 

レジデンス

 

2020 Koinono, Tinos Art Gathering, ティノス島, ギリシャ

文章・画像等の無断転載を禁じます。
COPYRIGHT(C)2008- YOD Gallery ALL RIGHTS RESERVED