LOGO1.jpg

笹口数(1962-)

笹口は東京に生まれ、1987年に武蔵野美術大学造形学部建築学科卒業後、1999年にチェルシー・カレッジ・オブ・アートの彫刻科にて修士課程を修了。

笹口は、実社会を構成する様々なデータ要素を非常に丹念に調査・分析し、ビジュアル化することによって、「現実」を意外な視点から見させる作品づくりに取り組んできた。彼が特に強い関心を寄せるのは、空間における人びとの動作や移動に対する異なる視点からの分析とマッピングであり、それが作品の主要なコンセプトのひとつといえるだろう。笹口は、我々が日常生活で何気なく目にする事物を収集し、イメージのアーカイブとして提示しているのだ。それらは時には空間に浮遊する小さなスポンジボールとして、または薄く箔押ししたテキストの重積として、人物の動きが白抜きされた映像として、といったように、様々な形で表現される。

情報化の一途をたどる現代社会の中で、一度コンピューターの中に収められたデータを、現実世界に実体化させる笹口の作品は、非常に興味深い。

1962    東京生まれ

1987    武蔵野美術大学造形学部建築学科卒業

1999     チェルシー・カレッジ・オブ・アート Sculpture 修士課程修了

 

【主な個展】

 

2000     「possess」、Habitat Tottenham Court Road、ロンドン、イギリス

2002     「Art Scholarship 2001 現代美術賞」(天野太郎審査員部門優秀賞受賞 記念展、exhibit LIVE、銀座、東京

2002     「ハラドキュメンツ8 想影 –-in/visible-」、原美術館、品川、東京

2003     「HERCULES」、レントゲンヴェルケ、吉祥寺、東京

2007     「white」、ZENSHI、清澄白河、東京

2007     「white」、IMPULSE, PULSE Miami、マイアミ、U.S.A.

2012     「森 林ハ イツ」、20202、代々木、東京

2012     「暈影 shadow or ghost」、レントゲンヴェルケAG、馬喰町、東京

2016     「View From Location Zero」、20202、代々木上原、東京

 

【主なグループ展】

 

2001     「rx³」、レントゲンクンストラウム、青山、東京

2004     「六本木クロッシング」、森美術館、六本木、東京

            「OUT THE WINDOW」、Project Space Zip、国際交流基金フォーラム、赤坂、東京 / ソウル、韓国

2005     「PUBLICLY SPEAKING」、Ssamzie Space、ソウル、韓国 / 東京ワンダーサイト2、渋谷、東京

2006     「at / @」、白矢アートスペース、小平、東京

2006     「from ON KAWARA to RYAN GANDER」、Daiwa Radiator Factory Viewing Room、広島

2006     「ビューティフル・ドリーマー」、北海道立近代美術館、札幌、北海道

2008     「第3回 南京トリエンナーレ」、南京博物館、南京、中国

2009     「都市的知覚」、トーキョーワンダーサイト本郷、本郷、東京

2011     「歌舞伎町アートサイト」、新宿歌舞伎町シネシティ広場、新宿区立大久保公園、新宿、東京

2012     「The Power of Japanese Contemporary Sculpture」、Aki Gallery、台北、台湾

2018     「Obsession Conception Possession」、京都精華大学ギャラリーフロール、京都

 

【その他活動歴】

 

2004-6   南相木ダム上部ダム下流広場 公園計画「ウズマクヒロバ」実施設計、南相木村、長野

2014   「Winter Stars In The Mid Summer Sky」、エビススバルビル アートワーク、東京

 

【賞歴】

 

2002     「Art Scholarship 2001」天野太郎審査員部門優秀賞 

2004     森美術館「六本木クロッシング」展 オーディエンス賞

2005     ポロック財団(The Pollock-Krasner Foundation, New York)スカラシップ

2006     2006年 日本グッドデザイン賞、環境デザイン部門

2008     武蔵野美術大学 芦原義信賞

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram

文章・画像等の無断転載を禁じます。
COPYRIGHT(C)2008- YOD Gallery ALL RIGHTS RESERVED