LOGO1.jpg

MADARA MANJI(1988-)

MADARAは京都の職人に弟子入りし、金属加工の基礎技術を学び、数年間の修行の後に独立。独学で杢目金の技術を習得し、その技術を用いた立体作品の制作を行っている。

MADARAは異なる種類の金属を鍛接し、彫りや捻りを加えて木目上の模様を出す木目金の技法を用いている。そもそも、種類の異なる金属は非常に混ざりがたいが、すさまじい力で叩き込むことによって初めてそれらは混ざり合うことができる。MADARAにとって、このプロセスは人間の相反する感情、すなわち愛と憎しみ、好きと嫌いなどの混ざりにくい感情が混ざり合った「むき出し(Uncovered)」の心を作り出す行為なのである。叩いて板状にした金属をキューブ状に構成した《Uncovered Cube》は、むき出しの心が閉じ込められ、感情を表さない心の形なのである。

1988 東京生まれ

 

【個展】

2020  MASS (Whitestone Ginza New Gallery/東京)

2020  ACCUMULATION (Whitestone Gallery/台北 )

2020  VORTEX (KARUIZAWA NEW ART MUSEUM/軽井沢)

2017  Antagonism and Transcendence (KARUIZAWA NEW ART MUSEUM/軽井沢)

 

【グループ展】

2020  荒れ地のアレロパシー (三越コンテンポラリーギャラリー/東京)

2019  Neo-Materialism (Whitestone Ginza New Gallery/東京)

2018  HEBIME MADARA MANJI 二人展 ARCHETYPE (KARUIZAWA NEW ART MUSEUM/軽井沢)

2017  INTERMIXTURE (Whitestone Gallery Hong Kong Hollywood Road/香港)

2011  ・年代展 (Factory Kyoto/京都)

 

アートフェア

2020  art TNZ (YOD Gallery)

2020  AFT Art Hunting (YOD Gallery)

2019  KUNST RAI 2019 (YOD Gallery)

2018  VOLTA 14 (YOD Gallery)

2017  ART FAIR ASIA FUKUOKA 2017 (Whitestone Gallery KARUIZAWA)

2017  ART NAGOYA (Whitestone Gallery KARUIZAWA)

2012  ULTRA 005 (Factory Kyoto)

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram

文章・画像等の無断転載を禁じます。
COPYRIGHT(C)2008- YOD Gallery ALL RIGHTS RESERVED