LOGO1.jpg

アルフレド・エスキロ 

エスキロは、その主題が信仰とイコンから生まれている作品群で有名である。彼の作品は、他に類を見ないリアリズム故に、一部内省的かつ没入的であるが、人知を超えた偉大な力を信じたいという願望の根底にある複雑さをはっきりと示している。彼の作品の多くは、この主要な疑問を中心に据えている。彼の作品には郊外の風景、聖書の物語、彼が密に従っていた信仰療法とカルト教団のリーダーであったマン・ラウロのような人物が登場する。端的に言うと、エスキロの作品は、普遍的な憧れと結びついている。つまり、信仰とは、人々を信仰へと駆り立てるようなその土地特有の自己理解を支配するものであるという憧れである。

文章・画像等の無断転載を禁じます。
COPYRIGHT(C)2008- YOD Gallery ALL RIGHTS RESERVED