LOGO1.jpg

レンツ・バルヨット

レンツ・バルヨット(1989年2月、サウジアラビア)は、有形であれ比喩的であれ、都市の崩壊を探っている。 彼は抑圧的な政治や経済的勢力による社会の崩壊を考察している。素材としてのさびと動機としてのさびは、崩壊の象徴として広く彼の作品に登場している。 バルヨットはアメリカと日本でアーティストインレジデンスを達成した。 彼は最初のマニラビエンナーレ(2018年)の参加アーティストの一人であり、UP Vargas Museumで個展を開催した。バルヨットの作品はイギリス、シンガポール、日本、台湾、マレーシアなど、様々な国々で展示されている。

文章・画像等の無断転載を禁じます。
COPYRIGHT(C)2008- YOD Gallery ALL RIGHTS RESERVED